読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上京リーマンの徒然日記

趣味中心の気ままなよろず日記です。

【テニス】もうすぐツアーファイナル!なので、始まる前に整理してみる。

さぁ、やってまいりました。

 

ATP一年間、最後の締めくくり、ツアーファイナルの開幕が今週末です!

 

我らが、錦織圭も3年連続3回目の参戦!

 

いやー、ホント、凄いね、ケイ。日本人が3年連続ツアーファイナルとか信じらんない。夢みたいだよ、ホント。

 

という訳で、始まる前に状況のまとめと個人的な展望を。

 

ツアーファイナルの形式の確認

参加者はその年のトップ8。

ただし、20位までにその年のグランドスラム勝者が居るとその中で一番順位の高い選手が繰り上がり。

それら、8人が予選2ブロック(ラウンドロビン)に分かれて、各ブロック総当りの上位2名が決勝トーナメントを行うと言う、

 

トップ選手のトップ選手によるトップ選手のための最強決定戦!!

 

要するに、全試合がGS準決勝クラスのメンツで競われる、シーズン最後のお祭りです。

 

ラウンドロビン

いわゆる予選リーグ。

2ブロックに基本的にランキングに準じて、参加者の中の【1位と2位、3位と4位、5位と6位、7位と8位が別】と振り分けられます。

ただし、上下のどっちがどっちに行くかは決まってないので、A【1357】、B【2468】と言うパターンも普通にあります。

今年がまさにそれで、さっそく新一位のマレーに試練が!と言った感じ。

このラウンドロビン、それぞれのブロックには往年の名選手の名前がつけられますが、今年はジョン・マッケンロー「イワン・レンドル」と、まるで世代でねぇ俺でも知ってるビッグネームですね。ちなみに、錦織はマッケンローブロック。

 

試合順としては、

・1戦目 そのブロックの【トップと一番下】【真ん中2人】

・2戦目 1戦目の勝者同士、敗者同士

・3戦目 やってないの同士

という感じで、できるだけ消化試合が出ないような形式になっています(・・・そのはず)。

 

死のブロック?

という訳で、いよいよ錦織の話。

 

やたらとマスコミが「死のブロックに入ったー」とかなんだとか言ってるけど、実際んとこどうなんざんしょ?

 

さて、まずは、今回の参加者の復習。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

1 マレー

2 ジョコビッチ

3 ワウリンカ

4 ラオニッチ

5 錦織

6 モンフィス ☆初

7 チリッチ

9 ティエム ☆初

ーーーーーーーーーーーーーーーー

覚醒したモンちゃんと新鋭ティエムが初参戦、フェデナダの両巨頭の欠席、常連のベルディヒフェレールのベテラン組の落選となかなか話題に事欠かない感じのメンバーです。

で、上でも書いてる通り、5位の錦織は6位のモンちゃん以外とラウンドロビンで当たる可能性があるわけで、つまり、

「マレーとジョコのいずれか」

「ワウリンカとラオニッチのいずれか」

「チリッチとティエムのいずれか」

で尽く「ランキングの高い方を引いちゃったので死のグループと言う状況ですね。

錦織の運が悪いっつーか、流石のモンちゃんのドロー運なだけな気がする。

 

さて、各選手錦織とのHEAD TO HEADは、基本的に、ラオニッチ以外はランキング相応の有利不利と言った感じですね。ラオニッチにはだいぶ有利。

マレーとジョコ

言わずと知れた、人外二人。

まぁ、ぶっちゃけ、これはどっち引いてもあんま変わんねーでしょう。

マレーとは直近の直接対決で真っ向からぶち破ってるのと、ジョコビッチは生涯グラスラ達成してから、最近イマイチギアが上がりきってないのを加味しても、どっちにしろ厳しいということになりますが、実はマレーはどうにも今のツアーファイナルの会場とは相性が悪いらしいのと、インドアでは無類の強さを誇るジョコビッチなので、むしろマレー引けて、ややラッキー?と言っちゃって良いのかどうか・・・とかそんな感じ。

バブちゃんとお肉

ミスタービッグタイトルと錦織世代のもう一人。

格で言えば、お話にならないレベルでバブちゃんのが上です。

しかも対お肉との戦績は明らかに錦織有利。

コートもやや遅めということで、お肉にはまず勝てるでしょう。

ということで、バブちゃん引いて損なのかと言うと、そうでもない。

なにせ、あの御方、好調不調の並が激しすぎるので有名なのです。

神バブの時はジョコの守りすら真っ向からぶち抜くのに、駄目バブの時は一回戦でころっとコケるし、しかもややスロースターターの気もあり。

全米準決勝1stセットを見れば分かるように、真っ向からの打ち合いなら錦織が圧倒的に支配するのも可能なので、そこまで厳しい相手でも無いとは思うのよねぇ。

なにせランキングの都合、当たるの一戦目だし、3セットマッチの短期決戦だし。

ここは、お肉を引きたかったけど、言うほどの差はないかもっぽい感じ?と言ったところ。

 

チリチリとティエム

宿敵チリチリと新鋭ティエム。

さて、チリチリといえば、何かと縁深い相手、インパクトに残る負け方をしてるので、錦織不利に思えますが、実は、【7-4】で錦織が勝ち越してるんですよね、これ。

お肉同様、遅いコートなので、さほど苦にはしないと思いますが、ビッグサーバーは調子いいとホント手をつけられないんでねぇ・・・。

一方ティエム、錦織の3戦全勝。まぁ、自力が違うのでまず間違いなく勝てるでしょうと言う感じ。

上に同じく、ティエムを引ければベストだったけど、そこまで悲観するほどのことでもないんでね?と言った感じですかね。

 

総じて、良くも悪くもどっち引いてもあんまり変わんなくね?って感じになりそうなきがしますが・・・さて。

ただし、覚醒バブちゃんとか、覚醒チリッチとかの不確定要素があるのは間違いなくこっちのメンツなので、死のグループは言い過ぎにしろ、ドロー運は良くはないかなぁと言ったところ。

 

まぁ、とは言うものの、勝負は時の運、いくらでも転ぶのであんまり、断定し過ぎないでこんなもんにしときます。

 

ではでは。